Nurse-Man

男看護師のつぶやき

報連相について

報連相

 

看護師なら報連相という言葉を聞いたことがあると思います。

報:報告

連:連絡

相:相談

 

ですね。

それぞれの定義、使用例を見ていきましょう。

 

報告:ある任務を与えられた者が、
   その経過や結果などを述べる
   こと。

   例)患者の状態報告

連絡:互いに連なり続くこと。相互に
   意思を通じ合うこと。

   例)会議での決定事項伝達

相談:問題の解決のために話し合ったり、
   他人の意見を聞いたりすること。

   例)患者ケア、薬剤投与方法がわからない時
   の相談

 

などです。

要は、良く話し合いながら業務をしましょうということです。

 

報告がないと、状態が悪い患者の情報共有ができなかったり、実施済みの薬剤投与をまた別の人が投与してしまい、結果重複投与に至ったりする。

連絡がないと、会議で決まった事柄の運用ができない。

相談がないと、知識が曖昧で自信がない処置を自己判断で施行してしまいミスに繋がる。

 

と安全な業務遂行ができなくなってしまいますので、とても大切なことです。

上司が忙しそうだから話しかけにくいな、などと思うこともありますが、自分が怒られてでも患者への安全な看護の提供が最優先です。忙しそうという理由で躊躇するところではありません。

簡潔にわかりやすく伝えればそこまで相手の時間を奪うことはないので、自分の伝え方次第です。

 

要点を押さえて物事を簡潔に伝えるには、工夫・鍛錬が必要です。

これについてはまた別途記事を書こうと思います。

 

報告・連絡・相談。社会人なら必要不可欠です。

上手に使いこなせるようになりましょう。